FC2ブログ

学校便り

ソーシャル・スキル・トレーニングでボーリング☆

2008/07/30 Wed [Edit]

ボーリング

 7月29日は私がお手伝いしている療育センターのイベントでした。

 そのイベントとは、出雲市のセンターボールでボーリングをしてから、ケンタッキーフライドチキンで昼食をとることです。
 高機能自閉症のお子さんがメインだったので、ボーリングでルールやマナーを守ること、また、お店できちんと自分の食べたいものを注文することなど、ソーシャル・スキル・トレーニングも兼ねての取り組みでした。

 普段の療育の成果もあってか、きちんと決まりを守れ、楽しくそして美味しく過ごすことができました。
 スペアが取れた時のみんなの笑顔は最高でした
 また、友達が投げる時もちゃんと応援できていましたよ。

 子どもたちの夏休みの楽しい思い出の1ページになってくれているといいなぁ

 糸原弘承

保育体験学習

2008/07/28 Mon [Edit]

7月上旬の4日間(2週に渡り)を使い、当科の2年生は保育体験学習を行いました。今回の保育体験学習では子ども達とのふれあいの中でコミュニケーション面など、成人の方とは違う難しさがあったのではないかと思います。また、年代によって、遊び方などが違うので、発達段階の沿った遊び方や対応方法も勉強になったのではないかと思います。作業療法士は人間の発達段階に沿った遊びなども勉強していかなければならないのでとても良い経験になったのではないでしょうか?今後の臨床実習などに今回の事が繁栄され、更なるレベルアップを期待したいと思います。
くろ2くろ

七夕

2008/07/28 Mon [Edit]

7月7日は七夕という事でOTでは2年生を中心に笹を飾る企画をしました。1年生~3年生、教員の願いを短冊に書き、一つ一つ飾っていきました。OTとしては季節感を出すイベントなどを大切にしたいのでとても良い企画であったのではないかと思います。全ての願いが叶うとより良いと思います。七夕

吃音のメンタル・リハーサル法の講習会に行きました!

2008/07/21 Mon [Edit]

 7月19日~20日、埼玉県さいたま市にある目白大学の言語聴覚学科で行われた吃音のメンタル・リハーサル法の講習会に参加しました。
 国内でもこの方法に精通している方が少なく、私自身の講義でも自信を持って話せなかったことが受講の理由です。
 
 吃音である時間が長いほど、話すときに詰まったりして嫌な気持ちになる経験を多くすることになります。
 そんな場合、斉読や随意吃などの直接ことばに関わっていく方法も良いですが、発話の失敗経験からくる嫌な記憶に関わっていくメンタル・リハーサル法の理論もとても興味深いものでした。

 ついつい、言語屋としては、直接ことばをどうにかしないといけないと焦ってしまいますが絵
 この方法を会得するためには、心への深い洞察が必要のようです。

 やっぱりいくつになっても学びは大切ですね!

 糸原弘承

子どもたちに癒されましたぁ~☆

2008/07/18 Fri [Edit]

 7月17日に松江市内の「つわぶき保育園」さんに見学実習に行きました。
 学内で頻繁に子どもさんに接することがないので、とても貴重な経験になりました。

 個別の言語訓練とデイサービスを見学、そして体験させていただきました。
 
 子どもに慣れている学生、どぎまぎ慣れない様子の学生など校内では見られない学生の姿を見ることができました。
 見学を終えた学生からは、「実際に子供さんに接し癒されました。また、保育士さんや言語聴覚士さんのかかわり方がとても勉強になりました。」との感想がありました。 

 園の方も突然の申し出に、快く学びの場を与えていただき、本当にありがとうございます。
 また、来週もお邪魔しますので、よろしくお願いします。

糸原弘承

松江圏域ST会を開催しました。

2008/07/18 Fri [Edit]

7月12日に第1回松江圏域ST会が、本校の共用教室で開催されました。安来市、松江市に在住のSTの内、20名が参加され、本校の教官も3名参加しました。「重度失語症」「重度嚥下障害」の2症例が提示され、グループで話し合い、各グループから出た意見をもとに全体で話し合いました。

「一人で悩んでいたが、自分とは違う視点からの意見を聞くことができて、とても参考になりました。」
「バルーン法を続けていて本当に意味があるか自信がありませんんでしたが、嚥下のタイミングについても訓練を行う重要性もあることがわかり、今後取り入れてみたいと思います」といった発表者からの感想も聞かれました。

次回は9月20日、鹿島病院で開催される予定です。

関心のある松江圏域のSTさん、参加してみませんか?

盲学校見学

2008/07/14 Mon [Edit]

本日(7/14)、島根県立盲学校を2年生が見学させてもらいました。

星に願いを~☆

2008/07/09 Wed [Edit]

画像 003


 今、教務室にはかわいらしい七夕飾りがあります。
 短冊には“i先生の鼻炎が良くなりますように。 1年生”のメッセージが…
 優しい学生たちです泣く

 バタバタしている教務室が“ホッ”となごみます。

 2年生は、臨床実習を前に緊張の毎日絵文字名を入力してください
 みんな無事に実習をパスし、国家試験にも合格できますようににこっ☆

 この願いがお星さまに届きますよ~に星君



 アイコン名を入力してください糸原弘承アイコン名を入力してください

視覚誘発電位を測定しました。

2008/07/09 Wed [Edit]

2年生の視覚生理学実習で視覚誘発電位(VEP)を測定しました。
CIMG6215_convert_20080714185305.jpg

口腔ケアの演習を行いました!

2008/07/09 Wed [Edit]

7月3日に、「嚥下障害」の演習として、「口腔ケア」を行いました。片麻痺を想定して、顔面の半分にテーピング用テープを貼り、綿棒、スポンジブラシ、くるリーナブラシ、歯ブラシを使って、2人1組で実際に口腔ケアを行いました。指先で触った感触と、口の中に入れた感触の違いをまず確認。実際に模擬的に作った食物残さをとってみました。また、乾燥した口腔を模擬的に作り、お互いに口腔ケアをしてみました。「患者さんの苦しさが少しは理解できました」「乾燥した口、痰が張り付いた口では、呼吸もしづらく、笑う気にもなれなかった」「きれいにしてもらって、ホッとしました」といった感想が聞かれました。

口腔ケアは摂食嚥下訓練のスタンダードプログラムです。ただ、きれいにするだけでなく、筋肉をしっかり動かし、唾液分泌を促進し、口腔機能の向上を図るものでなければならないことが体験を通して、学べたようです。

8月18日から始まる臨床実習で実践できるといいですね。

失語症患者さまに来校していただきました。

2008/07/09 Wed [Edit]

去る6月24日、出雲圏域失語症友の会「あしたの会」の会員さんに、来校していただき、検査実習を行いました。2年生22名は緊張した面持ちでしたが、患者さんの笑顔に場も和み、SLTA(標準失語症検査)のすべての課題を行うことができました。ST役をした学生は「練習していたのに、ヒントを出すのが早すぎてしまった」「緊張して、早口になってしまった」「どうしたら、課題の意味が理解していたでけるか工夫することが大切だということがわかって、勉強になった。」と普段、友達同士で検査演習を行っていたのとは違い、コミュニケーション障害を実感できたようです。

そして、7月7日には、近隣在住の失語症患者さまにも「失語症訓練」の演習に参加していただくことができました。短歌が趣味ということで、学生も短歌を作って添削していただくことができました。患者さまの作品と学生の作品を交換させていただけ、学生も大感激!患者さまから頂いた短歌は
「もしかして 姫さま 城も 宍道湖も かがやくばかり 夕日に焼けて」でした。2年生の教室に、大切に掲示させていただいています。
Top
このページのトップ

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク