FC2ブログ

学校便り

アルゴリズムでハノイの塔!

2011/07/30 Sat [Edit]

 「学習・認知心理学」の講義で「問題解決」という項目があります。

 私たちは、日々の生活で何らかの目標をもって生活をしています。
 そして、その目標を達成しようとしますが、うまく進まないこともあります。
 そのような問題に出会った時、色々な方法を使います。 

 この方法の一つに、アルゴリズムがあります。
 アルゴリズムとは、問題を解くための方法で、必ず、その解が得られるものをいいます。

 この例として、「ハノイの塔(写真参照)」があります。
 
          1_20090805140556.jpg

 上の写真のように、1枚の板の上に3本の棒が立ててあります。
 そのうちの1本に、穴のあいた大きさの異なる円盤が、大きいものを下にして順に積み上げられています。
 これをそのまま下の写真のように端の棒に移動する課題です。

          2_20090805140622.jpg

 ただし、条件があります!

11回に一つしか円盤を動かせません。

2小さい円盤の上に大きい円盤を置けません。

3円盤を棒以外のところに置けません。

4さらに、最小の操作回数で行わなければなりません。

           2011-07-29 14.19.33

 上の写真は学生が取り組んでいるところですsn 

 解法は入学後、一緒に考えましょう頑張るぞ。おーっ。 

 頭の体操になりますね電球

 言語聴覚士科・専任教員・糸原弘承

学友会

2011/07/29 Fri [Edit]

皆さんこんにちは
作業療法士科の卒業生です
先日、7月23日に母校である松江総合医療専門学校にて、第4回学友会総会・学術会を開催しました
1期卒業生から、昨年度卒業した7期生までが集まり、各期卒業生が症例を提示し、参加者みんなで検討したり、助言をしたりと有意義な時間となりました

プロフィール発表!!

2011/07/29 Fri [Edit]

1年生は前期に「情報処理学」という授業があります

毎年8月にある保育実習に持って行くプロフィールを

情報処理学の時間に作成します

完成したら、クラスみんなの前で発表します

CIMG2225.jpg

なんだか、みんな緊張していました

CIMG2256.jpg

改めて友達を知るいい機会になったのではないかと思います



~しかし 最近の歌手…てんでわからなくなってきました…

発表者(1年生)「好きな歌手は○○です

1年生「あぁ~いいよね!!

私 「んんっ! 誰??」……


私にとっては年齢差を感じたひと時でした(・。・; (汗)



視能訓練士科 教員 石川 七恵

1年生~練習中~

2011/07/25 Mon [Edit]

視能訓練士の最も行う検査といえば

視力屈折検査です

視力屈折検査とは…視力と遠視や近視や乱視がどれだけあるかを調べる検査です

簡単そうに見えますが奥が深く難しいです

次何するんだっけ

こういう時はどうすればいいんだっけ

と悩みながら

CIMG1928.jpg

CIMG1974.jpg

CIMG2109.jpg

みんな一所懸命練習していました

9月の学園祭で1年生は来られた方に視力屈折検査をします

しっかりと手順を覚えてものにしていってくださいね





視能訓練士科 教員 石川 七恵

2年生の前期試験が始まりました~!

2011/07/20 Wed [Edit]

          090723_120632.jpg

 毎年のことながら、2年生の夏はあわただしいです

 講義が終わったかと思うと、試験が始まり、そして来月の8日から臨床実習が始まります

 季節の変わり目で、体調を崩している学生も多いので、体調を整え、試験を乗り越えてほしいです

言語聴覚士科・専任教員・糸原弘承

ちょっとした工夫で☆

2011/07/19 Tue [Edit]

 発達障がいの方の中に、“情報を1つ1つ順を追って処理すること”が得意な方がいらっしゃいます。
 この能力を「継次処理」といいます。

 継次処理の能力が高い方への指導のポイントは、

①段階的な教え方
②順序性をふまえた教え方
③時間的・分析的要素の重視
④部分から全体への方向性の重視
⑤聴覚的・言語的な手がかりの重視


 になります

 漢字の学習を例にとると、正しい書き順を一つ一つ分かりやすく示し、空書をしたり、へんとつくりにわけてそれを合成したり、書き順やへんとつくりを声に出し、耳からも情報を入れます

 何かよい教材はないかと、試行錯誤しているところ、「漢字博士」という素敵な教材に出会いました
2011-07-19 09.07.07

 写真のように、漢字の一部分が書いてあるカードを裏返しに置き、1枚ずつひいていきます。
 上下左右のどこの辺でもよいので、漢字ができるところを探します。
 2枚のカードをくっつけ、漢字ができれば、そのカードは自分のカードになります。
 最終的にカードを一番多く持っている人が勝ちになります。
 
 ゲームの要素もあり、どんどん学習が進みます。
 2枚をくっつけ、漢字ができたカードは、すぐに漢字字典で、読み、書き順や用例などをチェックして、さっそく練習してみます
 この時も、先ほどの5つのポイントを大切に


 つい半年前まで、平仮名の特殊音節の読み・書きがままならなかったお子さんのお母さんが、「うちの子が最近、一人で読書をしてるんです」と目を輝かせながらおっしゃいました

 もちろん、お子さんの努力なのですが、関わらせていただいた私も自分のことのようにうれしいです

 ほんの少しの工夫で、学びやすくなり、大きな結果につながっていくんですね

 文字をマスターされ、読書などを通じて、どんどん自分の世界が広がっていくことを想うと、なんだかわくわくしてきます

言語聴覚士科・専任教員・糸原弘承

新しいポスター&チラシが完成しました~☆

2011/07/11 Mon [Edit]

           img357.jpg

 来年度に向けて、言語聴覚士科メインのポスターとパンフレットが完成しました~

 今回は、ブローイング訓練をしているところですね

 ブローイングとは「吹く」ことです

 しっかりと吹くためには、鼻と口との間(鼻咽腔)がきちんと閉じていなければなりません
 ブローイング訓練を行うことで、言葉が鼻に漏れたり、抜けたりせず、会話中の語尾のかすれや文末の聞き取りにくさが減少します
 写真の訓練の他に、水を入れたコップにストローを入れ、できるだけ長く吹いたり、ラッパや楽器を吹いたり、巻笛を伸ばしたり、風船をふくらませたりすることも行います
 また、唇を閉じたまま頬をふくらませて、口の中の圧を高める練習も有効です

 このポスターが、来年度入学される方とのご縁の懸け橋になればなぁ~なんて思います

言語聴覚士科・専任教員・糸原弘承

今日はオープンキャンパスでした~!

2011/07/09 Sat [Edit]

 7月9日は、今年度2回目のオープンキャンパスでした~
       OC2011.7.9会場

 今年度から一部と二部の間にフリータイムとして、学生食堂で昼食、学内見学ツアー、保護者相談コーナーがあります
 昼食は、定食、カレーライスとラーメンからチョイスできます
 定食は、トンカツでした~
       OC2011.7.9定食

 今日は、補助スタッフとして、既に現場で言語聴覚士として活躍している卒業生に来てもらいました
 参加いただいた方もさぞや現場のホットな話しが聴けたのではないでしょうか

 次回は、7月24日の日曜日です
 新たな出会いが今から楽しみです

言語聴覚士科・専任教員・糸原弘承

今年の視覚生理学

2011/07/07 Thu [Edit]

CIMG1900.jpg
CIMG1901.jpg
CIMG1903修整

2年生が実習をしました

去年もブログにUPしました!!

眼にコンタクト電極をつけて検査をします

患者さんに視能訓練士が装着するのですが

初めてのコンタクト電極の装着

なかなかうまくできません

難しいんです

そして

CIMG1884.jpg
CIMG1897.jpg

これは脳波を測定するための準備段階です

不思議な光景ですねぇ~

みんな真剣に測定値を読んだり

手順の確認や準備をしていました

眼科で行う機会もあると思いますので

しっかりと覚えて身に着けていきましょう


視能訓練士科 教員 石川 七恵

専修学校フェアに参加しました!

2011/07/06 Wed [Edit]

 7月6日(水)、「平成23年度 島根県専修学校フェア」が松江会場(くにびきメッセ)で行われました
     2011-07-06 17.10.30
 来賓として、溝口島根県知事も挨拶されました。

 続いて、専門学校生による体験発表として、専門学校進学の動機、現在の学生生活や将来の展望について発表がありました。
 当校からは理学療法士科から代表で話されました。
 なかなか、素敵なスピーチでした

 その後で、各校のブースに分かれ、体験学習や相談がありました。
     2011-07-06 17.09.26

 今回で9回目とのことでしたが、本当に色んな専門学校が県内にもできましたね~
     2011-07-06 17.09.53
 不況にも強い、ライセンスが自宅から通えるところで取得できるなんて、素敵なことですね

 そうでした!
 今週の土曜日9日はオープンキャンパスですよ~
 ぜひぜひ、ご参加くださ~い

言語聴覚士科・専任教員・糸原弘承

フィルムケース・スイッチを作りました!

2011/07/04 Mon [Edit]

 言語発達障害Ⅴ(小児の演習)の講義で「AAC(拡大・代替コミュョニケーション)」をテーマに、フィルムケース・スイッチを作りました
 はんだごてとラジオペンチなどを使い、作ります

 まず、カメラのフィルムケースを活用したボタンスイッチ部分を作ります
             スイッチボタン

 次に、受けの方を作ります
             スイッチ受

 この二つとつなぎ合わせ、完成を確かめるためにおもちゃでチェック
             スイッチ全体

 みんなで仲良く
       仲良し三人組

 こんな大きなロボットも動きます
             ロボット

 完成、第一号は
             濱ちゃん


 ちなみに、このスイッチで人間は動きません
             大畑さん

専任教員・糸原弘承
Top
このページのトップ

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク