FC2ブログ

学校便り

1・2年生 交流会

2013/04/25 Thu [Edit]

理学療法士科です。
先日、1・2年交流会がありました。
企画や進行はすべて2年生がしてくれました。
内容は自己紹介を交えたドッヂボール大会

交流会①

最初は緊張もあり、よそよそしい雰囲気でしたが、
試合を重ねるうちに遠慮気味だった1年生にも徐々に笑顔が見られるようになりました。

最後には全員で記念撮影

交流会②


これをきっかけに交流を深めて、今後協力し合ってほしいと思います。

5月には1年VS2年VS3年のスポーツ大会を予定しています。
教員も実習に出かけている学生がいるために人数の少ない3年生チームに加わり、
全力で戦うつもりです
スポーツ大会の模様は次回報告しますので、お楽しみに

新年度START★

2013/04/17 Wed [Edit]

ご無沙汰しています。
理学療法士科です。

報告が遅くなりましたが、理学療法士科も新入生を迎え新年度がスタートしています。

今日は各学年の近況をご報告します。

まずは3年生…
最終学年となる3年生は半数の学生が早速長期臨床実習へ出掛けました。
今のところトラブルもなく、皆順調のようです。
学校に残っている学生は、国家試験に向けての勉強や、実習に出かける準備を各自行っています。
新年度になって、どことなく頼もしく感じるのは私だけでしょうか…

次は2年生…
1年生の時とは違い、授業の内容が一段と難しくなったのをヒシヒシと感じているようです。
しかし、2年目ということもあり、クラスの団結力は日に日に高まってきています。
この1年間でどんな成長を見せてくれるのか楽しみです。

そして1年生…
4月1日からオリエンテーションなどで常に行動を共にしているので、既に打ち解けた様子の元気いっぱいのクラスです。
先週から授業が始まり、少しずつ医療のことについて学び始めています。
理学療法士という仕事への興味を膨らませながら勉学に励んでもらいたいと思います。


各学年、それぞれ目標に向かって元気に頑張りましょう

国家試験 合格発表の結果は…

2013/04/02 Tue [Edit]

3月29日、国家試験の合格発表がありました。
理学療法士科からは33名が受験しました。
結果は…
★全員合格★
★合格率100%★

全国平均は88.7%でした。

卒業生のみなさん、合格おめでとう

もちろん、
★就職率も100%★
だったので、早速4月から理学療法士としての第1歩が始まっていることと思います。

これから、理学療法士としていろいろな経験を積みながら、活躍されることを期待しています。
頑張ってください
応援しています
    理学療法士科 教員一同より

学内実習

2012/12/18 Tue [Edit]

今回は2年生の学内実習の様子を報告します。

理学療法士科の2年生は後期の終わりに(今年は2月から)3週間の実習に出かけます。
その実習対策として理学療法士科では、脳卒中の障害がある3名の方を講師としてお招きし、
10月から7週にわたりグループ毎に1名の講師の方の身体機能の検査・測定をさせてもらいました。


まずは問診…
講師の先生から今困っていること、現在の身体の様子、自宅での生活などをお聞きします。
この時学生は、先生との信頼関係を築けるように雑談も交えながら実施していました。
Y① 拡大


次は各種の検査や測定です。
脚の太さや角度を測ったり、筋力検査をしたり…
学生同士でしか練習したことがなかったので、実際の測定中には汗だくになる学生もいました。
Y② Y③
S②

次は歩行観察。
先生方に実際に歩いてもらい、どのような特徴があるかしっかりと観察していきます。
実習で学生が苦戦する分野の一つです。
理学療法士として〝患者を診る〟上で必要な観察力を高めていけるよう取り組みました。
もちろん、先生方の体調管理も行うため、血圧測定なども随時行いました。
K① K②

最後には、これまで検査してきた内容から、治療プログラムを考えていきます。
教員からの指導を受けながら、実際の治療の体験もさせて頂きました。
下の写真は肘関節の関節可動域練習の様子です。
S①

今年で4年目となる実習対策ですが、今年は最後日に初となる症例報告会を実施しました。
各グループ、検査・測定の結果からどのように治療していくのか考えたことを発表しました。
初めての体験で悪戦苦闘していた学生ですが、今回の経験を活かして2月からの実習に励んでもらいたいと思います。

最後に講師の先生方と…
集合①

集合②

集合③

特別講義

2012/11/15 Thu [Edit]

11月12日
2年生を対象に特別講義を行いました。

今回は、高知県にある川田整形外科から板場英行先生にお越し頂き、
【 運動機能障害の評価 / 治療への新側面 】
というテーマで講演して頂きました。

板場先生は世界各地で治療技術を学ばれ、日本の理学療法士に向けて講演・指導をされている非常に有名な先生です。

特別講義②


講義には実技も取り入れて頂き、理学療法士の治療技術を目の当たりにした学生からは、
「治療技術のレベルの高さを実感しました
という声も上がっていました。

特別講義①

講義の最後には、
『21世紀に期待されるセラピスト像』
『理学療法士に求められる素養』
ということで、知識・技術を学ぶことの重要性や、課題に自ら取り組んでいく自己研鑚の必要性などもお話頂きました。

講義後、
「基礎知識の重要性がわかったので、より一層学内での勉学に励んでいきたいと思います
と気合を入れ直す学生が多く、
短期実習まで3か月を切った2年生にとって、良い刺激になったのではないでしょうか。

Prev
Newer Entries
Top
このページのトップ
Next
過去のトピックス

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク